5月 17

秘・人脈活用術(ビジネス書店)

秘・人脈活用術(ダイレクト書店)

これは見る人によってはマナー違反だと感じるかもしれません。

なぜなら、一瞬で相手の懐に飛び込み、相手を気持ちよくさせ、本来なら長い年月がかかるはずの相手との信頼関係を、極めて短時間で築くことができる方法だからです(それがたとえ「大物」であったとしても!)。

でもこの「ボブ・バーグ」という人物が教えている方法は、これまで20年以上もの間、多くのビジネスリーダーたちによって、その効果が証明されています。彼は日本ではほとんど知られていませんが、アメリカでは超人気の講演家であり、元営業マンであり、起業家です。
有名企業に招かれたり、50人規模から1万6000人規模(!)のイベントで講演をしていて、オリンピック選手や有名な政治家などにもアドバイスをしています。

9冊の著者でもあり、中でもこの本「マル秘人脈活用術」は実はアメリカでは20年以上売れ続けているベストセラー。
これまで2回のバージョンアップがかかり、今回でバージョン3。
Amazonのレビューでは、星5つのうち4.7点を獲得している名著です
(ちなみに世界的名著「7つの習慣」は4.6点の評価です)。

こんな風に「人脈」を利用して顧客を増やすなんて、、、
マナー違反でしょうか?

一瞬で相手の信頼を勝ち取り、永遠に続く紹介の連鎖を生み出し、出会った人脈をお金にかえる、、、20年以上効果実証済みの人脈構築&活用術!  秘・人脈活用術



5月 16

ウェブセールスライティング習得ハンドブック

ウェブセールスライティング習得ハンドブック

今、密かに注目を集めている仕事があります。

それはあなたの年齢に関係なく、元手なしで副業からスタートすることができ、世の中に対する貢献度も非常に高い仕事です。しかも、その仕事をしていると、あなたよりもずっと年上の人から「先生」と呼ばれたり、たくさんの人から憧れの視線で見られることもあるでしょう。

そう、それは「セールスライター」という仕事です。

この商品は、0からセールスライティングを始めたい人がステップバイステップで学べる、言わばコピーライティングの手引書。
「普段からお客さんに、ライティングのこと教えてるよ!」という方には、講義
セミナー、Webページなどで、おすすめ本

販売価格:3,980円→2,980円(税抜) 販売条件:30日間返金保証
送  料:無料



ウェブセールスライティング習得ハンドブック


3月 26

大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術

大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術

8割以上の投資家は負け、2割以下の投資家だけが勝ち続けている理由、

その最大のポイントは“理にかなった投資をしているかどうか?

”負けている投資家は、手法にばかり気にしていますが、勝っている人は常に理にかなった投資をする事に重きを置いています。
勝ち組投資家の入門編として“

理にかなった投資技術”について解説しています。

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ 

大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術

3月 18

脳科学マーケティング100の心理技術(ビジネス書院)


広告心理学からニューロマーケティングへ
現代のニューロサイエンスは、私たちの脳の内側を見つめ、心理学のブラックボックス開けるのに役立つツールをもたらした。

脳科学マーケティング100の心理技術

今や機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による脳スキャンという魔法を使えば、たとえば、高すぎる値段を見聞きしたときの脳の反応が、つねられたときの反応ーーつまり、痛いと感じたときの反応と非常によく似ていることがわかる。

また、脳波計(EEG)の技術のおかげで、ある種の脳の活動を測定するコストが下がり、より多くの統計用サンプルデータが得られるようになったため、広告や製品の確実な最適化が行なわれるようになった。

脳科学マーケティング100の心理技術

ニューロマーケティングとは、要するに脳の働きを理解し、その知識を活用してマーケティングと商品の両方を改善することだ。

現代のニューロサイエンスは、私たちの脳の内側を見つめ、心理学のブラックボックスを開けるのに役立つツールをもたらした。

今や機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による脳スキャンという魔法を使えば、たとえば、高すぎる値段を見聞きしたときの脳の反応が、つねられたときの反応ーーつまり、痛いと感じたときの反応と非常によく似ていることがわかる。

脳科学マーケティング100の心理技術

また、脳波計(EEG)の技術のおかげで、ある種の脳の活動を測定するコストが下がり、より多くの統計用サンプルデータが得られるようになったため、広告や製品の確実な最適化が行なわれるようになった。

脳科学マーケティング100の心理技術

ニューロマーケティングとは、要するに脳の働きを理解し、その知識を活用してマーケティングと商品の両方を改善することだ。

著者紹介
ロジャー・ドゥーリー
マーケティング・コンサルタント会社「ドゥーリー・ダイレクト社」の創業者であり、人気ブログ「Neuromarketing(ニューロマーケティング)の執筆者。コミュニティ・アーキテクト&サイトストラテジスト。カタログ販売のマーケタとしてマーケティングの世界で頭角を現す。IT ビジネスに進出するかたわら、脳科学、行動科学に興味を持つようになり、独自に脳科学の最新知識をマーケティングの世界に活用した「ニューロマーケティング」を研究し、第一人者となる。
脳科学マーケティング100の心理技術

2月 25

オフィスも持たずに、オンラインで100億円を売った( ビジネス書店)

オフィスも持たずに、オンラインで100億円を売った( ビジネス書店)
(著者:エベン・ペーガン)


借金300万からパソコン1台で
100億円を売り上げた1つのアイディアとは?
これは、株のトレードではありません
YouTuberでもありません
ビットコインや仮想通貨でもありません
自宅にいながらでもできる、その方法とは、、、

2月 25

悪用厳禁(ビジネス書店)

悪用厳禁(ビジネス書店)

これが洗脳プロセスに隠された説得の方程式だ!

「あなたは不思議に思ったことがありませんか?

・ なぜ、聡明かつ知的である人がカルト教団に簡単に操作されてしまうのか?
・ なぜ、彼らは洗脳されていることにいつまでも気付かないのか?
・ そして…なぜ、彼らは「自らすすんでその道を選んだのだ」と思い込んでいるのか?

実はカルト教団の操作や洗脳のプロセスには、危険でありながらもシンプルで絶大な効果を生む「説得の方程式」が隠されています。
もしあなたが、その方程式をあなたの良心に基づいて使うと約束してくれるのであれば、このままこのページを読み進めてください…

 もっと新規客を獲得して売上を伸ばしたい。
できるだけ有利な条件で取引をしたい。
部下や社員にもっと積極的に仕事に取り組んでほしい・・・
きっとあなたも私と同じで、仕事だけでなく人生全般においても、いろいろな人たちを説得しなければならない場面が多いのではないでしょうか?
しかし、なかなか思うようにいかないのが現実です。

なぜ「人を説得する」ことに多くの人が苦労してしまうのでしょうか?

多くの人がやっている説得の決定的な間違い
 その原因のほとんどは、私たちの多くがある決定的な間違いをしていることにあります。その間違いとは、人を説得するときに欠かしてはならない「説得の本質」を理解することなく、ハウツー本に書いてあるようなテクニックを使って相手を説得しようとすることです。

例えば、相手に反論するときは「そうですね、しかし、、、」という言い方をしたり、相手がYesと言わざるを得ないようなロジックを組み立てたり、時には相手にプレッシャーをかけてゆさぶってみたり、、、
しかし、残念なことに、こういったことをしてみても本当に相手を説得することはできません。
それどころか、逆に反感を買うことすらあります。

説得で大事なのはそういった上辺の部分ではありません。
どんなに巧妙な心理テクニックを使っても、どんなに反論の余地のないロジックを組み立てても、どんなに相手にプレッシャーをかけても、説得の本質を欠かしてしまっては相手を動かすのは難しいのです。

もちろん、そういったテクニックがムダということではありません。
ある程度の効果はあるでしょう。

しかし、説得の本質を理解することなくそんなテクニックを使っても、一時的にはうまくいっても、相手が心から納得するような本当の説得はできないのが現実です。では、、、

2月 25

脳科学マーケティング100の心理技術(ビジネス書院)

脳科学マーケティング100の心理技術(ビジネス書院)


広告心理学からニューロマーケティングへ
現代のニューロサイエンスは、私たちの脳の内側を見つめ、心理学のブラックボックス開けるのに役立つツールをもたらした。

今や機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による脳スキャンという魔法を使えば、たとえば、高すぎる値段を見聞きしたときの脳の反応が、つねられたときの反応ーーつまり、痛いと感じたときの反応と非常によく似ていることがわかる。

また、脳波計(EEG)の技術のおかげで、ある種の脳の活動を測定するコストが下がり、より多くの統計用サンプルデータが得られるようになったため、広告や製品の確実な最適化が行なわれるようになった。

ニューロマーケティングとは、要するに脳の働きを理解し、その知識を活用してマーケティングと商品の両方を改善することだ。

現代のニューロサイエンスは、私たちの脳の内側を見つめ、心理学のブラックボックスを開けるのに役立つツールをもたらした。

今や機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による脳スキャンという魔法を使えば、たとえば、高すぎる値段を見聞きしたときの脳の反応が、つねられたときの反応ーーつまり、痛いと感じたときの反応と非常によく似ていることがわかる。

また、脳波計(EEG)の技術のおかげで、ある種の脳の活動を測定するコストが下がり、より多くの統計用サンプルデータが得られるようになったため、広告や製品の確実な最適化が行なわれるようになった。

(中略)

ニューロマーケティングとは、要するに脳の働きを理解し、その知識を活用してマーケティングと商品の両方を改善することだ。

著者紹介
ロジャー・ドゥーリー
マーケティング・コンサルタント会社「ドゥーリー・ダイレクト社」の創業者であり、人気ブログ「Neuromarketing(ニューロマーケティング)の執筆者。コミュニティ・アーキテクト&サイトストラテジスト。カタログ販売のマーケタとしてマーケティングの世界で頭角を現す。IT ビジネスに進出するかたわら、脳科学、行動科学に興味を持つようになり、独自に脳科学の最新知識をマーケティングの世界に活用した「ニューロマーケティング」を研究し、第一人者となる。

2月 20

一日24時間以上を生み出す「時間投資術」「時間投資思考」

一日24時間以上を生み出す「時間投資術」「時間投資思考」

今から5分だけあなたの時間を「投資」していただけたなら、そのリターンとして1日を24時間以上にする「時間投資術」をあなたにお教えします。
悪くない話でしょう?

「今、”めちゃくちゃ”忙しくて…」が口癖の男
ある男の話をさせてください。

平均的なサラリーマンと同じく、彼も毎日仕事に追われる日々を送っていました。
朝7時に家を出て、暑苦しい満員電車に揺られながら出社。彼は数人の部下を持っていましたが、毎日部下から「ちょっといいですか…?」と、一人でなんとでもできるようなつまらない質問をされては丁寧に答え、得意先の緊急の電話に対応し、上司に任されているプロジェクトをほとんど一人でこなし…

いつも、気づけば家に帰るのは11時過ぎ。5歳になる娘はとっくに寝ていて、妻が用意してくている晩御飯をレンジで温めて食べる。
その日のうちにやりきらないといけない仕事があるので、家でも仕事をして、毎日寝るのは2時でした。
家族と過ごす時間はほとんどなく、まるで他人のような関係です。

休日も、睡眠不足を解消するために寝ていることが多く、娘には「お父さん、毎日寝てるね」と言われる始末。
妻にも帰りが遅いことや休日にずっと寝ていることを愚痴られ、決まってする言い訳は

「今、めちゃくちゃ忙しいんだ」

彼は、仕事ができなかったわけではありません。
むしろ、仕事のムダを省き、きちんと部下の面倒を見て、上司に任された仕事も積極的に取り組んでいました。
しかし、彼が効率的に仕事をこなせばこなすほど、成果をあげればあげるほど、それよりも多くの仕事を頼まれ、結果的に以前よりも長時間働かなければならない状態に陥っていました。

彼はこの状況をなんとかしようとしました。
仕事、家族との時間、健康、趣味、自分がやらなければならないこと、やりたいことを洗い出して、それに優先順位をつけてみたのです。
ですが、それでも、やらなければならないことが多すぎて、圧倒的に時間が足りませんでした。
本屋でビジネス書を手に取って、流行りのスケジュール帳やタスク管理のためのチェックリストを使ってみてもやはり結果は変わらず、圧倒的に時間が足りません。

どれだけ効率的に仕事をしても、どれだけ綿密にスケジュールを管理しても仕事は減るどころか増える一方だった彼は、ある日ふと気づきました。

一流の人々は、絶対に「忙しい」と言わない、と。

そして、彼はその一流の人々がどのように仕事をしているかを調べる中で、彼らが「3時間睡眠でもパフォーマンスが落ちない」だとか、「作業効率が凄まじく高い」だとか、そんな特殊な能力を持っているわけではないこともわかりました。

もちろん、彼らだけ一日48時間あるなんてこともありません。それどころか、5つのことを「やらなくてもいい」と、自分自身に許しを与えていたんです。

この5つの「やらないくてもいいこと」をやらない代わりに、一流の人々は自分の時間を「投資」していました。
つまり、今自分の時間を投資して、将来の自分の時間を増やしていたということです。

彼は、この「時間投資術」を使うことで、生活を一変させました。

仕事は定時で切り上げ、週に何度かは仕事帰りに、健康のためにジムに通えるようになりました。

晩御飯も妻と娘と一緒に食べられるようになり、家族と過ごす時間がかなり取れるように。休日には家族と旅行に行くこともできるようになり、最近妻はずっと上機嫌です。

プライベートの時間が充実したにもかかわらず、彼の会社での成果は以前よりもあがっています。

また、その成果が認められて、社長から直々に「新規事業の立ち上げをやってみないか」と、新規事業のリーダーにも抜擢されました。

彼の仕事の成果とプライベートの充実ぶりを聞いた同僚は「お前、本当は一日48時間あるんじゃないか?」と冗談交じりに言います。

彼が実践した「時間投資術」とは?

2月 20

シリコンバレー初!日本人が知らない定期収入ビジネス起業術(ビジネス書店)

シリコンバレー初!日本人が知らない定期収入ビジネス起業術(ビジネス書店)

ゼロから始めて短期間で利益を生む7つの戦略と

「定期収入6つのモデル」を公開

毎月、自動で入ってくる収入源が欲しいと思ったことはありますか?

たとえば携帯電話を契約すると、契約したその月から何ヶ月も何年も、当たり前のように料金を支払い続けることになりますが…もし、その料金を「支払う」側ではなく、「受け取る」側になれるとしたらどうでしょうか?

それと同じように、、、 たった一度だけ売れば、毎月毎月、安定した収入が入ってくる。しかもその金額は毎月少しずつ積み上がって増えていく。そんな収入源をどうすれば持つことができるのでしょうか?(しかも1つではなく、いくつも…)

毎月自動的に流れ込んでくる継続した安定収入。
これがあればビジネスはおもいっきり変わります…

想像してみてください。

あなたが持っている会員制ビジネスから、毎月毎月、安定した収入が入ってきます…

たとえば2月1日の時点で。3月1日の時点で。その月にたとえ新規の顧客を一人も獲得できなくても、一切の営業活動をしていなくて、新しく1つも商品が売れなくても、一定の収入がその月に入ってくることがすでに「約束」されている、ということです。

それだけではありません。

来月も再来月も、6ヶ月後であっても、、、将来入ってくる収入がある程度「予測」できるので、目先の心配が大幅に減って、安心して先のことに取り組むことができます。

そうなれば例えば、新しい商品を作るために時間やお金を使うこともできますし、新しく優秀な人材を雇って事業を拡大したり、あなたの右腕になれるようにじっくり育てることもできます。あるいは一気に投資をして「会員数」を増やすこともできますし、、、たまには仕事のことはすっかり忘れて、南の島でゆっくりすることもできるでしょう。

なぜなら次の月も、またその次の月も、どれくらいの収入が入ってくるかが「既にわかっている」からです。

そんな安定した収入源があれば…
将来入ってくる収入が予測できれば…
しかもその収入の額が「積み上げ式」で増えていけば…

どれくらいあなたに、安心と自由をもたらしてくれるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

シリコンバレー初!日本人が知らない定期収入ビジネス起業術

2月 14

ビックリするほどよく売れる 超・ぶっとび広告集(ビジネス書店)

ビックリするほどよく売れる 超・ぶっとび広告集(ビジネス書店)

あなたが今まで学んだやり方は、全部忘れてください…

それは、チラシ作りの「プロ」とか、集客「コンサルタント」とか、マーケティングの「エキスパート」とかが教えている、王道で正統派で、しんどいやり方です。

というのも、私はある本を読んで裏技を発見したからです。これはとても楽しく、簡単な上に(ときには30分もかからないこともあります)、めちゃくちゃ売れるという「ぶっとんだ」方法です。

・・・うさんくさい!と思いましたよね?でもそこがポイントなんです。

ほとんどの人は、ちゃんと成果の上がる広告を作るにはものすごい時間と手間をかけなければいけない、と思っています。しっかり準備して、何度も打ち合わせして、そしてお金をかけて、、、信頼性が高くて「ちゃんとした」ものを作らないといけない、と思っています。

でもあなたもご存知の通り、広告がうまくいくかを決めるのはそういったところではありません。あなたが「ちゃんと」作ったとか、お金をかけたとか、一生懸命やった、ということと、広告がうまくいくことは当然のことながら無関係です。

たとえば、これらの「ビックリするほどよく売れた」広告たち。これらの共通点は何でしょうか?